将来の安心の為にはある程度の貯蓄もしたい

将来の安心の為にはある程度の貯蓄もしたい

収入は毎月ある程度決まっていますが、出費の方はそうもいきません。

 

子供を持つ親の務めとして子供の養育費は当然の出費ですし、すくすくと育つ子供は嬉しいものなのですが、衣類はワンシーズンで着られなくなってしまいますし、進学の際の学費も大きいですよね。

 

円満な人間関係を築く為には必要なものですが、夫の交際費も悩みの種です。恥をかかせてはいけないと思うからこそ、他を切り詰めてでもある程度は用意しますが、見栄を張ったのか酔った勢いなのか、一晩で使い切られてしまったときには文字通り頭が痛くなります。

 

不意の冠婚葬祭も辛いですよね。出費の予定に入れておくから、何か月後にお願いしますとは言えませんから。

 

そして日々の出費もバカになりません。常備品は特売を狙ってまとめ買いをしておくことも出来ますが、生鮮食料品は買い置きをすることが出来ません。家族の健康の為には毎日野菜を食卓に用意したいと思うのですが、時期や天候によってはいきなりそれまでの数倍の金額に跳ね上がることもありますから。

 

特売を求めてスーパーをハシゴしたり、無駄な出費を抑えるために節水や節電、保険の見直しなんかもして色々と努力をしているのですが、たまたま出費が重なって生活費が足りなくなると、遣り繰りが下手だからと言われてしまうのですから理不尽ですよね。

 

幸いにもまだ借金をしたことはありませんが、いつ何が起こるか分からない世の中ですから、ある程度安心して生活が出来る程度には貯蓄もしていきたいですね。

 

特売品を見る主婦