持っているお金をかき集めて、ダメなら借りる

持っているお金をかき集めて、ダメなら借りる

お金に困るのは、だいたい息子の学校でかかるお金でイレギュラーな出費だったり、夫が急に仕事でお金いるなど、主婦の私が把握できてない出費だったりします。

 

お金に困ったときは、まず自分の持っているお金を細かくチェックして1箇所にかき集めます。

 

自分と夫と息子の通帳の残高を見て、下ろせそうなものがあれば、困らない程度に下ろします。

 

だいたい引き落としは把握しているので、まちがいなく出金できます。

 

お金を集めてみて足りるかどうかを判断します。ダメだったら、次は借りることを検討します。

 

友だち、親、親戚などからは、まず借りません。そんな日常的な小さなことから人を頼ってはいけないと思うからです。

 

いままで、かなり困ったときでも、銀行などに審査をお願いして、借りるという手段を選んでいました。

 

いつも、銀行から借りるだけではなく、キャッシングも利用します。クレジットカードのキャッシング枠だけでなく、新たに銀行にキャッシングの枠をつくってもらったこともあります。

 

何度か利用しているので、返済後もキャッシングの枠は残しておきます。また、いざというとき最初から審査などの手間をかけなくても、すぐにキャッシングを利用できるからです。

 

私は主婦で、いまはパートを辞めましたが、一時期に審査してつくったキャッシング枠が、50万円のを2件、計100万円のキャックングの枠を持っています。でも、全部返済しています。

 

いまのところ、お金に困ったら、ここから借りようと思っています。

 

また、夫のクレジットカードもキャッシング枠が年々増えて、おそらく80万円くらいは借りられると思うので、急なことなら、ここから対処します。

 

また、困る前に最初から、大きな買物はボーナス払いなどにして無金利でお金を借りる形にして、そういう対処ができない件に限ってキャッシングなどを利用するのが良いと思います。